〔2022.3.20〕Michael Eflex Charity WORKSHOP
 マイケル・エフレックス チャリティーワークショップ
小見出しを追加-3.jpg
日本からはるか遠く離れた国ガーナからMichael Eflex(マイケル・エフレックス)
によるチャリティーワークショップを開催します!
超ノリノリなアフロビート『アゾント』を体験してみませんか?


チャリティーワークショップの募金収益はゲットースタジオ継続そして、ガーナの子供達の家賃や電気代、ダンスの靴や服、ノートを変えない子供達には文房具などにあてられます
マイケルのスタジオでダンスを習っている子たちはほとんどがストリートダンサーです
そんなみんなは今現在、将来のプロダンサーを目指して日々レッスンしています!


●GettoStudio(ゲットースタジオ)とはガーナ共和国首都アクラの海沿いにあるラバディ地区にある小さなスタジオ。マイケルと、世界中のダンサー達の支援がここの継続の助けになっています

 
・DATE: 2022年3月20日(SUN) 
・TIME: 16:00-17:00
・料金 (ご寄付): 1500yen (システム料含む)
・対象: どなたでも
・オンラインワークショップ
参加申し込み後、参加リンク(ZOOM URL)を数日中にメール致します)
※ガーナと日本オンラインワークショップですGetto Studioのwifi環境により、遅延、画面の
フリーズ、オーディオ音質が悪い、またはミーティングが切断される問題が発生する場合がございます。予めご了承ください。
Michael Eflex(マイケル・エフレックス)プロフィール
踊る事に夢中な幼少期を過ごす。
10代半ば家族の事情で学校に行けなくなり、約5年間ホームレスとなり、ストリートチルドレンとして生活しながら
踊り続ける。20才の時にガーナTVのダンスバトルで3位入賞。その賞金でスラムのアパートに小さな部屋を借りる。しかしその週に母親が交通事故に遭い、全てのお金を失う。そのような苦難を乗り越えながらもスラム地区で子供達にダンスを教え始める。更に学校で教え始め、その収入で教え子達の学費のサポートをはじめる。
2009年からの5年間と2017年にベストコレオグラファー・ベストダンサー賞を受賞。以来国民的ダンサーとして数々のMVやCMの振り付けやダンサーとして活躍。
2019年日本に来日。NHKのダンス番組出演やワークショップを行う。
その他、ドバイやインドネシアに呼ばれワークショップを行う。
現在は全ての人が集えるGettoStudioをオーガナイズし、ストリートダンサーや子供達を育て、地域のコミュニティ
に根ざした活動を続けている。伝統など様々なダンスを踊り、特にAzontoの第一人者として知られている。

●Azontoとは
アフロビーツの曲で踊るガーナ発祥のダンス。
一つひとつの振りに名前や意味がつけられている。
伝統的なダンスの動きが元になっている。

 

【Michael Eflex チャリティーワークショップ
参加お申し込み・お支払い】

送信ありがとうございました